« 安倍首相 独裁政治 暗殺 | トップページ | 日本人が知らないハワイ カハラ、タンタラス、プランテーションビレッジ »

2015年11月20日 (金)

カイルア周辺 カラパワイ 栗山義勝 ラニカイタワー

日曜日だったので沢山のカイト・サーフィンを見ました。20年ぐらい前ここはウインドサーフィンのメッカでしたが、今はマイナーになったようです。
確かにカイトサーフィンの方がダイナミックで、スピードも速いです。
カイトサーフィンも波を超えるとき多少は飛びます。ジャンプという感じですが。、カイトサーフィンは空中をかなりの間飛ぶことがあります。
かつて陸上まで飛んでしまい、ビルに激突したシーンをTVで見たことがあります。

Photo
満里奈は見とれていました。三歳でも我が家から徒歩1分圏の馬堀海岸の海と違うことは分かるようです。

Photo_2
波打ち際で新婚カップルが互いに撮影していたので、2ショットを撮ってあげました。カイルアでの写真は一生の思い出になることでしょう。

37年前の私たちの新婚旅行はハワイでした。その頃からハワイがブームになりました。今では考えられないでしょうがパインアップルをお土産に買う人も結構いました。
当時はカイルアは知られていませんでした。
私達は綺麗なしかし誰もいないビーチをみつけて写真を撮りまくりました。
サメが恐ろしいので膝までしか入りませんでしたが。

当時はハナウマ湾が圧倒的に有名でした。現在の半分もない無料の駐車場に車をとめていました。今のようにオリエンもありませんでした。
膝ぐらいの深さのところでパン屑の餌やりが定番でした。池の鯉の餌やりのようにものすごい数の魚が海面に集まってきて足にぶつかり気持ち悪いぐらいでした。
大分前から自然保護区として餌やりが禁止になりましたがいつだかはっきりしません。

新婚旅行以来ほぼ毎年ハワイに行っていますが、最初は二人だけそして義父母とのハワイ、そして娘さらに息子を連れてのハワイ。最近3年間は孫連れになりました。
新婚旅行の時の円レートは230円ぐらい。その後徐々に円高になり130円ぐらいが暫く続きました。
80円の時代は何もかも安い、ハワイ中がバーゲンセール状態でした。
物価も安かったので現在の半値ぐらいの感じです。その頃はラメールもワインを飲んでも一人2万円以下でしたが、今は3万円を軽く超えるでしょう。リタイアした身ではもういけません。
新婚カップルはこれから自転車でラニカイに行くとのことなので、あそこに見えるラニカイタワーの先に行けば良いと教えてあげました。

Photo_6
この店は雰囲気がありますね。相当歴史のある店なのでしょう。カイルアの紹介記事には必ずでてきます。
カイルアビーチやラニカイビーチに行くとき、水や食料がほしいときはここが最後のお店です。

Photo_5
ハワイの風景を写実的に描いて、ハワイリピーターに人気が高いイラストレーター栗山さんの作品です。
写真と見分けがつきませんが、植物が追加されていますね。
偶然ですが駐車している車も似ています。栗山さんの絵は5年ぐらい前の作品と思いますが。
写真は店と道路を隔てたところから望遠で撮っていますが、椅子とか何も写っていませんね。

ワイキキは毎年スクラップアンドビルトのビジネス、金もうけの世界そのものになり私の思い出がどんどん壊されていますが、この店は私が生きている間は同じ姿を見せてくれるでしょう。
歴史的なインタマやキングスビレッジまで解体される一方、トランプについでリッツカールトンなどのハワイを感じさせない超高層、超高級ホテルが建設され、また砂浜は年々狭くなっており、さすがにカラカウアは歩きたくなくなってきました。(ヤードハウスには行きますが)

Photo_7
カイルアのAirbnbにいたときに航希が2歳になりました。写真では満里奈の誕生日みたいに見えますが。
満理奈はアナ雪以来ティアラが大好きでハワイまで持って行きました。
Photo_4

|

« 安倍首相 独裁政治 暗殺 | トップページ | 日本人が知らないハワイ カハラ、タンタラス、プランテーションビレッジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安倍首相 独裁政治 暗殺 | トップページ | 日本人が知らないハワイ カハラ、タンタラス、プランテーションビレッジ »