« オールフリー おまけは高カロリー | トップページ | 年末のブーゲンビレア »

2015年12月28日 (月)

慰安婦 安倍首相の終わりの始まり

私の情報レベルだとここ数日の慰安婦についての動きは余りに唐突に感じられますが、私としては以下と思います。

長い間日韓の大きな阻害要件であった慰安婦の件が外相レベルであっという間に合意が成立しました。
どう考えても米国の大きな力が働いて米国のシナリオ通りに動いたと言えるでしょう。
安倍首相にとって第二次世界大戦の正当化を図るため、象徴的な事象である慰安婦について、今までの主張を覆したかったわけですし、朴大統領にとっては支持率を支えるための最大のイシューだったものを捨てたのです。
米国は中国の台頭だけでなく、プーチンの世界的な人気急上昇に対して日韓が争っている面倒くさい慰安婦の問題なんかは、一刻も早くどこかえ吹き飛ばさなければならなかったのでしょう。
安倍首相、朴大統領に対して米国の諜報機関を通して得た2人の致命的なスキャンダルをちらつかせて慰安婦問題の解決を迫ったのでしょう。
ずぶずぶの日本の機密管理のシステムなんて米国の諜報機関にかかったら重要機密を盗み出すなんては朝飯前でしょう。
安倍首相だけでなく、麻生副総理もすぐにでも投獄されるくらいのエビデンスをいくつも保有しているでしょう。(あれほど人気のあった田中元首相も一発でアウトになりました)
あの唯我独尊、やりたい放題の安倍首相が突然変質したのは、そうとしか考えられません。
残念ながら戦後70年たっても日本はいまだ米国の属国なのです。
安保法制は米国にとって利がありますが、憲法改正は両刃の剣になりますから、憲法改正が実現しそうになったら米国はスキャンダルを二流週刊誌に流し安倍をあっさり切ると予想しています。
私としては日本の将来をめちゃめちゃにしかねない安倍首相の落ち込む姿を早くみたいと思っています。

|

« オールフリー おまけは高カロリー | トップページ | 年末のブーゲンビレア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オールフリー おまけは高カロリー | トップページ | 年末のブーゲンビレア »