« 孫の写真 | トップページ | TV会議の普及でリニアモーターは不要 »

2015年12月18日 (金)

LED電飾の電力消費

311の直後は節電対策で事故の危険を顧みずに交通信号まで消していました。
しかし現在はどうなんでしょう。
テーマパークではクリスマスの電飾としてLEDの個数を競っています。

ノーベル賞を受賞した中村修二さんの青色LEDの実用化によりあらゆる色のLEDが実現されました。

LEDは確かに従来の白熱電球より効率は高いですが、豆球レベルになるとあまり良くはありません。
あの輝度が高い電飾用LEDは一個あたり0.5Wは消費します。
ハウステンボスは1000万個以上のLEDを点灯しているようです。
消費電力は500万ワットになります。一般家庭の平均消費電力は500W程度ですので、1万軒分に相当します。
安部政権は電力利権の復活をねらい世界の流れと全く逆方向の原発再稼働、石炭発電を推進してます。
メディアは恐ろしくて電飾による無駄使いなんて書けないのでしょう。
もちろん電力消費はCO2の排出、地球温暖化を進めます。

|

« 孫の写真 | トップページ | TV会議の普及でリニアモーターは不要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孫の写真 | トップページ | TV会議の普及でリニアモーターは不要 »