« ダイキン あり得ないCM | トップページ | ロックフェラーセンターのクリスマスツリー »

2015年12月 3日 (木)

沖縄 安倍政権 独裁政治

辺野古への移設問題で沖縄と政府はついに法廷闘争にまでになってしまいました。

どちらの主張が正しいかは法廷に任せるとして、現在までにはっきりしたことがあります。
それは現政権は権力により国民(沖縄県民)を自分の思うままに統治しようということです。
この根底には沖縄県民をその他の国民と同等に考えないという差別意識があるのかもしれません。

上記は現政権は自分たち(安倍首相)の思い通りならないときは、国家権力を行使、力づくでそれを実現するということを示しています。
放射能の汚染物質の貯蔵の問題も現政権が続く限り、あるいは次の政権にも同様なやり方が継承されるなら、どんな住民の反対があろうといずれどこかの場所に埋めることになるということです。

埋めた後は何かの機会をとらえ世界に向かって「福島原発事故の汚染物質の問題は完全に収束した」と高らかに宣言するのでしょう。

埋設場所は決して東京のどこかではなく、また(自民党の)有力政治家の実家の周辺でもないことだけは確かです。

|

« ダイキン あり得ないCM | トップページ | ロックフェラーセンターのクリスマスツリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイキン あり得ないCM | トップページ | ロックフェラーセンターのクリスマスツリー »