« 慰安婦 安倍首相の終わりの始まり | トップページ | 19代目のDNA »

2015年12月29日 (火)

年末のブーゲンビレア

ガレージの上のブーゲンビレアが咲いています。これで今年の最後の花になります。
我が家では元日は門松とブーゲンビレアが時間を共有することになります。
関東地方では非常に珍しいと思います。

1月中旬になると花が終わりになるだけでなく落葉し、枯れ木のようになります。
そして5月ごろから新芽の生育が始まります。

熱帯では常緑樹ですが、日本の気候に適合したようです。
この木は庭に植えて15年ぐらい経っています。

Photo

この木をハワイにもって行ったら熱中症になるのでは。

|

« 慰安婦 安倍首相の終わりの始まり | トップページ | 19代目のDNA »

コメント

ええっ!!wobbly
今でも咲いてる?(これって花じゃないんでしたっけ?)んですか?
とっくにグリーンだけかと思っていました。
耐寒性が有るんですね~
流石に15年ものだと耐寒が付くのでしょうか?

私の種プルは冬に蒔くと寒さに強いプルに育つと聞いたので、冬蒔きしてから2年が過ぎました。
無加温ですが、今年は葉も落とさずに青々としています(勿論お部屋の中ですけど、まだ暖房もつけた事が無いんですよ~)
やっぱり冬蒔きのプルは寒さに強そうです。

大きな子達は水を切り、冬眠させました。

投稿: プルメリア | 2015年12月29日 (火) 11:51

花は中心の飛び出した白いところの様です。
いずれにしても今時咲くのは今年が初めてです。
寒さになれたこのブーゲンをハワイにもって行ったら熱射病になるでしょうね。

逆に我が家のプルメリアの3鉢はすでに葉を落としています。

投稿: ふ み お | 2015年12月29日 (火) 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慰安婦 安倍首相の終わりの始まり | トップページ | 19代目のDNA »