« 多数決 絶対的に正しいわけではない。 | トップページ | パンナムビル 30数年前の話 »

2016年2月 8日 (月)

放射性物質に汚染された食糧 知らぬ間に食べているのでは

台湾の地震で手抜きというレベルを超えた建築物が倒壊し、多数が亡くなりました。
日本では姉はの構造設計の改竄、そして最近は横浜のマンションのデータ盗用があります。

日本のトップレベルにある理研でも世界に恥をさらすデータの改竄がありました。
また次元が違いますが、産業廃棄物の冷凍食品がスーパーで販売される事件がおこりました。

職業に対して真摯な日本人と言われていましたが、実状はこんなものなのです。
放射性物質で汚染された食糧について、データを改竄したらどうなるでしょう。
制限を超えたものが出た場合、制限以内のものと混ぜたらどういうことになるでしょう。
さらに制限を超えた汚染食糧が一度は廃棄処理されても、裏のルートで流通していることはないのでしょうか?

今の日本の実情を考えると放射線物質で汚染された食糧も流通していると考えるのが自然なのでは。

|

« 多数決 絶対的に正しいわけではない。 | トップページ | パンナムビル 30数年前の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多数決 絶対的に正しいわけではない。 | トップページ | パンナムビル 30数年前の話 »