« 時は金なり 横須賀の凋落 | トップページ | リニアモーターカー 北海道新幹線で予測 »

2016年3月25日 (金)

テロリストの原発種劇が現実に

イスラム国のテロリストがベルギーで自爆テロをやり、沢山の死傷者が発生するという恐ろしい事件が起こりました。日本人2人も病院に運ばれ、一人はかなり重篤の様です。

今回のテロリストは自分がとらわれると焦っており、逮捕される前にということで空港と地下鉄を狙ったようですが、当初は原発を狙っていたとのこと。

私は311の前から原発がオームのようなテロリストに狙われる恐れがあるとここにUPしてきました。
自衛隊員による原発の警護の中速やかに廃炉作業を進めるべきと書いてきました。

原発がイスラム国に襲撃され、冷却装置を破壊されたらどうなるのでしょう。
電源が壊れても、自家発電装置とかで代替できるかもしれません。
しかし、冷却装置が完全に破壊されたら、短期間で修復することはとてもできないでしょう。

結局炉心溶融が起こり、日本が破滅することになります。

福島の事故原発現場にも自爆覚悟のテロリストなら用意に近づけますし、そこで爆発されたら誰も近づけなくなります。
取り出した大量の燃料棒がむき出しになったらどういうことになるのでしょう。
3000万の国民が住む場所を失います。
安倍首相はイスラム国のテロリストに日本国民に指一本も触れさせないと全く根拠のない、大風呂敷を広げました。
今回の事件をうけ、どうするつもりなのでしょう?
北朝鮮にとって核ミサイルが原発を狙うのは一番効果的です。
小さな核ミサイルの原発攻撃でも破壊された原発に誰も近づけなくなり、数日で広島原爆の数百倍の核物質が拡散し、半径数百キロが人間の住めない所になります。
北朝鮮からのミサイルを全て落とせるはずはありません。
米国の技術は太平洋を横断してくるミサイルには有効ですが、日本には10数分で到達しますので、全ては撃ち落とせません。


|

« 時は金なり 横須賀の凋落 | トップページ | リニアモーターカー 北海道新幹線で予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時は金なり 横須賀の凋落 | トップページ | リニアモーターカー 北海道新幹線で予測 »