« リニアモーターカー 北海道新幹線で予測 | トップページ | 2016 走水水源地の桜 »

2016年3月28日 (月)

自爆テロ 原発への攻撃

パキスタンではテロリスト一人の自爆テロで65人以上の方が亡くなったとのニュースを見ました。
また、原発をターゲットにしたテロも現実味が出てきました。
イスラム国のテロリストなどは自爆し天国に行くつもりですから、例えば福島原発の人間が近づけない炉心のエリアにも何も気にせずに行くでしょう。
そこにいたら高度の放射線により1日で死ぬようなところも気にならないのです。
そんなところに入り込み、爆破処理をしたらどうなのでしょう。
そんなエリアに行かれたら警察も自衛隊もなすすべがありません。

さて、人間の出現直後では相手を攻撃するときは素手で殴ったり首を絞めたりしたのでしょう。
そのうちに石をもって殴ったり、槍や刀を作って攻撃したのでしょう。
現在は服の下に装着した小型爆弾で数百名が死傷してしまいます。
人間一人がもつ攻撃力は幾何級数的に大きくなっています。
いずれ携帯型の核爆弾も開発される時代が来るでしょう。(既にあるかもしれません。自爆するなら放射線の問題もありません)
一方、人間の防衛力は弱くなっています。空気銃の玉でも猫のように跳ね返せません。どんな動物よりも弱いのでは。
たった一人のテロで世界が終焉する時代が間違いなく来るのでしょう。
残念ながらそれほど遠い将来でないと思います。
人類の破滅を防ぐにはいやな話ですが、生まれたときから死ぬまで相互監視をするしかないと思います。
兵器の進歩とITによる監視システムの進歩のせめぎあいで人類の将来が決まることになるのです。

|

« リニアモーターカー 北海道新幹線で予測 | トップページ | 2016 走水水源地の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニアモーターカー 北海道新幹線で予測 | トップページ | 2016 走水水源地の桜 »