« シンガポールと日本 成長と停滞 | トップページ | 時は金なり 横須賀の凋落 »

2016年3月22日 (火)

森永 春日 ライザップ ボディビル

最近のライザップは中高年に市場を広げるためにCMに森永氏を起用しました。
数か月で体重は20kg以上落としたようです。

森永氏のCMでは今までのようにアフターの裸はありません。というか見せられないのでしょう。

ライザップは短期間で体脂肪を落とし、筋肉を増強するようなことを言っています。
しかし、食事とくに炭水化物を制限して1日1500kcl以下にすれば成人男子ならだれでも痩せます。
ただし、自分自身で食欲を抑えるのは簡単ではありませんが。
筋肉は短期間では大きくなりません。
オードリーの春日はボディビルを初めて数年たちました。
彼の足は見事ですが、腕の太さはボディービルダーとはとても言えない細さです。(あの腕でポーズを取っていますが、恥ずかしくないかと思って見ています)
足はアメフト由来の筋肉なのでしょう。
もともと筋肉が小さかった森永氏の場合、体重を20kg以上落としても腹筋とかが見えてこなかったのでしょう。
スーパーマンになりたかったなんてでっちあげて服を着せているのです。
ライザップの基本は食事制限です。食事制限をすれば脂肪も筋肉も落ちます。
筋肉をできるだけ落とさないために最低限のたんぱく質は取り、マシントレイニングをしているだけです。
森永氏自身が筋トレは週二回、普通のトレイニングだったと言っています。

糖尿病でありながらあれだけ太っていた森永氏はある程度の食欲異常があると思います。
大金を目の前にライザップのCMに絡んでいた短期間では食欲を制限できたでしょうが、今後ライザップから解放され、禁断状態での炭水化物の美味しさを何かの折に触れたらさいご、一気にリバウンドするでしょう。
食欲は生命の根源、生命維持そのものですから。
2年後は元の木阿弥になっていると思います。

|

« シンガポールと日本 成長と停滞 | トップページ | 時は金なり 横須賀の凋落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンガポールと日本 成長と停滞 | トップページ | 時は金なり 横須賀の凋落 »