« 日本は安い | トップページ | オフィサーとアンリステッド(水兵) »

2016年4月28日 (木)

東芝 三菱 フォルクスワーゲン 秘密保護法

東芝に続いて三菱自動車の不祥事が発覚しました。
軽自動車の燃費性能を改竄していたとのこと。

三菱自動車は150年以上の歴史をもつ日本有数の財閥系企業です。
三菱の社員は自社に誇りを持って働いています。誇りを持ちすぎている社員も見受けられましたが。私はある時点で三菱系の会社に転職し、三菱系各社が集まるマーケティング研究会に参加していました。
これだけの歴史・文化を持つ会社が25年も前から改竄しており、それが表に出なかったことに驚きます。
長い間ある分野で権力を持つと必ず腐敗するということの典型でしょうね。
自民党は60余年の歴史を持ちます。
当然権力の腐敗があります。しかし、民間企業と違い、秘密保護法が制定された現在、内部告発者は運用次第で罰することができるようになりました。

東芝、三菱、そしてフォルクスワーゲンと腐敗は国家を問わず人間の本性なのでしょう。

秘密保護法は隠ぺいするには絶好の法律です。

|

« 日本は安い | トップページ | オフィサーとアンリステッド(水兵) »

コメント

東芝とは以前共同で液晶工場を建設したことがありました。 そのころからフォルクスワーゲンゴルフディーゼルを乗り続けて22年目になりますが、近距離用に買った三菱の電気自動車 i-MiEVも今回問題になっているようです。 自宅はへーベルハウスですが、基礎用杭20本は旭化成建材のよるEZ杭を使用していますが、家を支えるのではなく地中熱の熱交換用として利用していますので家が傾く心配はありません。  身の回りのものでことごとく不正と関係していますと、見抜く力も必要となってきますが、私の場合幸い実害がなく済んでいます。 i-MiEVも期待した航続距離を走り切り、電気代も安く特に不満と言えばスピードメーターに日が当たると反射して見づらい点だけです。

投稿: カマアイナ | 2016年4月28日 (木) 07:39

私の現役時代には考えられないことが次々に起こっており、日本に対する国際的な評価は間違いなく落ちています。

日本を代表する企業が文字通り「貧すれば鈍する」になっており、「武士は食わねど高楊枝」はどこに行ったのでしょう。

投稿: ふ み お | 2016年4月28日 (木) 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本は安い | トップページ | オフィサーとアンリステッド(水兵) »