« 地下鉄 ストローラー  | トップページ | 馬堀海岸公園 壁画 »

2016年4月 7日 (木)

走水水源地の桜

昨日久し振りの青空が見えました。
青空と桜を撮影したかったのですが、やっとその日になりました。
しかし走水水源地では公開が2日前に終わっていたので、道路からしか撮れませんでした。

民営だったらこんなチャンスを逃さず会期を延期しますが、さすが市の水道局です。
全く咲いていないときから始まりましたが、その時は外注の整備係りは何もすることがなく集まって雑談していました。市は桜の開花状況など関係ありません。

1
2
雲の間の青空を探して撮りました。
3
この枝は密度が凄いですね。

4
駐車場には緑の土手があります。数人がここで花見をしていました。
5
桜の背景が川とか池は良くありますが、海と言うのは珍しいのでは。
6

今日の雨でここ走水水源地の桜は終わりでしょう。

昨年3月に大動脈解離を発症しましたが、10%程度の確率で運よく生還し、4月3日に退院し家に帰る前にここに来ました。
桜は「生命」を感じます。

7
来年はどうなっているのでしょう。

|

« 地下鉄 ストローラー  | トップページ | 馬堀海岸公園 壁画 »

コメント

桜の花を見ますと冬を耐え抜いた命を感じますね。 海外に赴任するときとか、帰国する際に関西空港へ行く空港バスの道すがら桜の花を見るたびにファイトがわいたり、帰国して日本だなと実感してきました。  次第に桜の花を見られるのが目標になる年代なんだなと実感する今日このごろです。  どうかお体を大切にしてください。

投稿: カマアイナ | 2016年4月11日 (月) 06:45

葬式で「父は楽しみにしていた来春の桜をみることができませんでした。」みたいなことを聴くことがあります。

昨春は3月13日に集中治療室、23日から一般病棟に移りましたが、数日間は歩行禁止、その後50メートルからリハビリが始まりました。
4月になると隣の病棟との空中回廊まで歩けるようになりました。
そこから近くの山の桜が見えました。
小さいころから花見という文化で育った我々は桜に対して特別な思いがあるようです。

投稿: ふ み お | 2016年4月11日 (月) 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地下鉄 ストローラー  | トップページ | 馬堀海岸公園 壁画 »