« 満島真之助 蟇目良 | トップページ | 原発 地震 豪雨 竜巻 »

2016年6月28日 (火)

JALの社員は全員禁酒? どぶ板は大丈夫?

JALの副操縦士が暴力事件を犯した結果、欠航というニュースが流れています。

この話で驚いたことがあります。
かなり昔なのですが、知り合いのJALの機長から、機長、副操縦士ともに搭乗する前々日から禁酒と聞いていました。

この副操縦士が暴力事件を犯さなければ、前日飲んでいても仕事に就いたことになります。
以前聞いた話と違うのですが、いつから規則が変わったのでしょう。

この副操縦士は警官を平手打ちし、公務執行妨害で逮捕されましたが、機長をなぐっただけだったら、内々に処理し表面化させなかったでしょう。
逮捕されなければ通常勤務に就いて欠航にはならなかったと思います。
内々の処理で副操縦士を自宅待機にすれば欠航になり、今回ほど大きく扱われなくてもニュースになりますから。

私は団塊の世代です。大人数の世代の高齢化に伴い医療費、年金などの経費の増加が大きな社会問題になっています。
団塊の世代は人数が多い故、小さいときから激しい競争のなかで育ちました。
仕事もきちんとやらなければ代わりはいくらでもいますので外されることになります。
そんな厳しい中で生きてきたた団塊の世代から見ると、一世代若い世代はあらゆる分野で我々の時代より規律が緩んいるように見えます。

JALの副操縦士が酔っ払って暴力事件を犯しました。
米軍同様にJALの社員全員が禁酒になるわけありませんね。
横須賀に生まれ育った人間として、日本すべてのネイビーが基地外での禁酒というのはおかしいと思います。

こんなことが続けば70年の歴史・文化をもつどぶ板は壊滅することになります。
横須賀経済にとっても大きな痛手になります。

|

« 満島真之助 蟇目良 | トップページ | 原発 地震 豪雨 竜巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満島真之助 蟇目良 | トップページ | 原発 地震 豪雨 竜巻 »