« 2017年3月25日 走水水源地 | トップページ | 馬堀シーハイツ 埋立地の区画整理 »

2017年3月27日 (月)

偽証罪 良心の呵責 安倍首相

下村幹事長が籠池市の偽証罪の告発はあきらめるような発言をしました。

国会で2/3の賛成で告発はできるが、全員賛成が恒例であり、野党の
状況を見ると全員賛成は難しいとのことです。
数を頼りになんでも強引にことを進めてきた安倍政権は今回はどう
なったのでしょう。

もし偽証罪で告発したら、安部昭恵夫人の証言も必要になります。
そうしたらいろいろな問題が噴出します。
安部政権が偽証罪で告発できるわけはありません。
ここまで国民を馬鹿にした猿芝居、安倍首相は両親の呵責はどう

ごまかしているのでしょう。
戦略的には野党が偽証罪で告発すれば良いのです。
安倍首相は焦ると思います。

私はミッション系の中学に入りました。
人間には理性、自由意志と良心がある。
悪いことをしようとすると良心の呵責がおこる。良心がは神の声である。
これが神の存在の証明だと言っていました。

良心の呵責で安倍首相も困ることがあるのでしょう。
都合が悪い話になると、国会という場をわきまえず、大声早口で個人
攻撃を始めます。(石津謙介のTPOを知らないのでしょうね)
それで良心の呵責をごまかしているのでしょう。

ここに至って大半の国民は安倍首相の狙いを知ったと思います。
このまま安倍政権が続けば戦争は必至です。

|

« 2017年3月25日 走水水源地 | トップページ | 馬堀シーハイツ 埋立地の区画整理 »

コメント

敢えて「両親の呵責」と書かれた深い意味を感じます。→岸信介を暗示?
官僚の忖度を云々するより、総理夫人に忖度を求めるべきだったのでは→李下に冠を正さず、触らぬ神に祟り無し

投稿: アスペル山ちゃん | 2017年3月27日 (月) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年3月25日 走水水源地 | トップページ | 馬堀シーハイツ 埋立地の区画整理 »