« 浅田真央さん 慣性モーメント 白井選手 | トップページ | 北朝鮮 核シェルター »

2017年4月20日 (木)

ペンス副大統領 北朝鮮 横須賀がターゲット

先日ペンス副大統領が原子力空母ロナルド・レーガンの甲板で「力による平和」を訴えました。
それに対して岸田外相は訳のわからないコメントをしましたが、北朝鮮から見たらいつものように日本は追認していると考えるでしょう。
それは、北朝鮮のミサイルは横須賀をターゲットにするということと同義です。

横須賀基地から直線距離は3kmもないところに住む前期高齢者の私は、蒸発して跡形もなくなっても構わない、むしろ1週間ぐらい苦しんで死ぬより良いと思っています。
火葬する必要もなくなりますし。

しかし、基地から10km圏に住んでいる娘夫婦と二人の孫のことは心配というレベルではありません。

米国に直接の抗議はほとんど意味がないでしょうが、横須賀の政治家は超党派で安倍政権に抗議すべきです。
安倍首相の発言によって日本人ジャーナリストは首を切られました。
安倍首相のトランプ追随は同じことになる可能性があります。

同時に避難方法についてアナウンスがあってしかるべきと思います。市民を守るのはどんな党派、思想であっても政治家の第一義的な使命だと思います。

|

« 浅田真央さん 慣性モーメント 白井選手 | トップページ | 北朝鮮 核シェルター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅田真央さん 慣性モーメント 白井選手 | トップページ | 北朝鮮 核シェルター »