« デュークエイセス引退 | トップページ | テロ 原発 »

2017年5月31日 (水)

観音崎 グランピング 隈研吾

観音崎京急ホテル内に、京急とアウトドア用品のスノー・ピークスがコラボ、隈研吾が設計したコテージがつくられました。
隈は中高の後輩です。彼は昔「水とガラス」をテーマに設計をしていました。そのころ私はガラス会社の研究企画におりましたので、何回かあったことがあります。

新国立競技場で日本全土に知れ渡る糊塗になった隈は中・高の後輩です。

観音崎京急ホテルは今から50数年前に観音崎ビーチ・モーテルとしてスタートしました。
ところが目黒エンペラーとか御殿場や新横浜にモーテルが林立するようになり、勘違いした客がおしよせたため、観音崎ビーチ・ホテルに改称しました。
そのころ、ホテルの周りにあった9ホールパー27のミニゴルフでよくやっていました。

その後1984年に京急に吸収され、10年ほど前にスパッソが作られ、現在に至っています。


Dsc_4109_2
外からエントランスを通して東京湾が見えるこの景色は良いですね。
そのシーサイド・グランピングと称するコテージです。

Dsc_4111
レストランの客はこのコテージの背面をみることになります。
沖の右に見えるのは東京湾に侵入する潜水艦探索のために作られて第二海保です。
現在、この海保のために浦賀水道を通る船は難儀しています。

Dsc_4113
コンクリの型枠で作った仮設の物置みたいに見えます。
海の青さと芝生の緑に対し、このコンテナ形状は違和感だらけです。
Photo
驚くべき価格です。
8月のハイシーズンはカップルで8万円になります。
3泊したら、グアム3泊よりだいぶ高くなります。

トイレも風呂もありません。別棟に行かなければなりません。
海を見ながらビールを飲んでいて、催す旅に往復数分かけてのトイレになります。
食事も自分で作るのです。

すでにこのホテルのリピーターで夏場は予約がいっぱいのようです。
しかし、冬はどうなのでしょう。
トイレに行くたびに北風を浴びますし、テラスでのBBQも考えられません。

隈は忙しくて完成したものを見ていないのでは。
シャープの液晶テレビのCMで吉永小百合を隈が設計したバンブー・ハウスで演出しました。

これは隈らしい作品と思います。
えらい違いだと思います。

20091113_1665744

|

« デュークエイセス引退 | トップページ | テロ 原発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デュークエイセス引退 | トップページ | テロ 原発 »