« ギンザ6、ライオン、フーターズ | トップページ | 日野皓正・故元彦 アルフィー »

2017年5月12日 (金)

自販機ビジネス 海外での可能性

最近自販機の特集番組をよく見ます。

自販機の最大の商品はコーヒーだそうです。
最近コンビニで安価でおいしいコーヒーを販売した結果、シェアーを奪われているそうです。

かつては3兆円の売り上げがあったのが、2兆円近くに落ち込んでいるとのこと。
それで様々な工夫で売り上げ増を考えているとのこと。

しかし、自販機とは何なんでしょう。
米国本土では屋外の自販機はお金と製品が放置されているとしか考えられないので、ビジネスにはなりえません。
20年ほど前、コカ・コーラ社は日本の成功をみて、屋外に自販機を置いたそうです。
日本の自販機を使い、それを下はコンクリートで固め、扉を開けられないように分厚い鉄板でロックしたそうです。
しかし、数日後には盗んだ重機でコンクリを壊し、盗んだトラックで持ち運ばれたそうです。
なので、米国では自販機ビジネスはあきらめたとのこと。

本土でも一流ホテルの通路には自販機がおいてありますが、ドアを開けられないように部細工な分厚い鉄板で固められています。
日本の自販機ビジネスはいつまで成立するのでしょう。
ps:米国の道路サイドに建てられたコカ・コーラの販促ようの看板はポリカーボネート製です。安価なアクリルで作りたいのですが、アクリルだと散弾銃で撃つとガラスのようにばらばらに破壊されるとのこと。
酔っぱらった男が車から散弾銃で看板を打つとのこと。
ポリカだと穴が開くだけで面白くないので、やらなくなったとのこと。

自販機で数兆円になるビジネスが展開できる国は日本以外にあるのでしょうか?

|

« ギンザ6、ライオン、フーターズ | トップページ | 日野皓正・故元彦 アルフィー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギンザ6、ライオン、フーターズ | トップページ | 日野皓正・故元彦 アルフィー »