« 大学入試 英会話 | トップページ | 箱根駅伝 »

2019年12月20日 (金)

テーマパークの電飾 中村修二氏のLEDと吉野彰氏のリチウム電池

様々なテーマパークでLEDを使った電飾についてTV各局で放送されています。日亜化学の中村修二氏等により、低消費電力電力、青色のLEDが実用化されました。従来の白熱電球は1球5W程度でしたので、500万球も並べたら電力消費量は膨大で、圧倒的な入場者を誇るディズニーランドぐらいしか使えませんでした。
さらに従来の白熱電球では青色は非常に暗くて、幻想的な雰囲気をつくることはできませんでした。

しかし、従来の1/10程度の消費電力となっても、無駄な電力消費、無用なCO2を排出しているという人もいます。
昼の太陽光発電による電力を二次電池にためておき、それで夜間にLEDを照明するば良いと思います。


「ここの電飾は日本のノーベル賞受賞者により発明されたLEDと日本のノーベル賞受賞者の吉野氏の発明によるリチウム電池のシステムで稼働しており、環境に負荷を与えていません。」
はかなりの売りになると思いますが。

|

« 大学入試 英会話 | トップページ | 箱根駅伝 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。