2013年3月 1日 (金)

ノスタルジック2デイズ ハコスカ ベレG

2月つ24日、午後関内で知り合いの会合があり、お手伝いとして参加しました。
その前にパシフィコで開催されていたノスタルジック2デイズという昭和40年代の車のイベントを見てきました。

開場20分前にこの行列です。パシフィコは何回行ったかわかりませんが、こんな行列は初めて見ました。
大半が私より20歳以上若い人たちで私は浮いていました。

Photo
若い人は3丁目の夕日で初めて見たミゼットです。

Photo_2

このスバルは初期のものでドアーが前開きです。高速走行時に突然ドアーがあいてセンターピラーが曲がってしまったものを何回か見たことがあります。(後に後ろ開きにした)

Photo_3
高校同期の蟇目良がCMをしていたハコスカです。
このイベントで最大の出品がありました。

Photo_4
クレイジーリンケンバンドの横浜さんはベレG命でベレット1600GTという歌まであることを今回初めて知りました。

Photo_5

私は学生時代ベレGの中古、そして新発売された1800GTに乗っていました。
これはベレット1600GTRです。座らせていただきましたが、内装は私のものと同じで40数年前にタイムスリップしました。

Photo_6

ユーミンにコバルトアワーという楽曲があります。1960年代、白いベレG、横須賀ガール、湘南ボーイなんて文言が歌詞にでてきます。
私は大学時代白いベレGに乗っていました。横須賀ガールでなくて横須賀ボーイ、加山雄三の茅ヶ崎パシフィックホテルの辺りも良く走っていました。
下は40年前の写真です。今は20kgぐらい増量しています。15kgは体脂肪、5kgは筋肉でしょう。
これを指名手配に使われても今の私は捕まらないでしょう。

1
40年前、八幡様へ続く段葛に吉祥庵というお茶器屋さんがありました。亡き母はお茶の先生だったので良くここにきました。

今吉祥庵は「こすず」という人気の蕎麦屋さんになっています。
こすずの外観は昔の吉祥庵のまま、内装もほとんどそのままですので、母が茶器を選んでいる姿が思い出されました。

このベレGはブルーメタですが、その後ヒックリ返したりして白に塗り替えました。
初心者マークの実態はフェークです。
このころ初心者マークをつけている車に幅寄せしたり嫌がらせをするドライバーが結構いました。

この初心者マークでそのようなやからをおびき出し、抜かせた後一瞬で抜き返し、カウンターなどのテクニックをみせつけた後またゆっくり走りました。
水戸黄門の世界のための初心者マークです。

| | コメント (2)

2012年5月30日 (水)

アロハシャツ 

明日31日まで汐入駅徒歩1分にあるメルキュールホテル横須賀でmami's ALOHA というイベントが開催されています。(入場無料)

http://mercureyokosuka.jp/ja/2012/04/%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%8Cmamis-aloha%E5%B1%95%E3%80%8D/

大正時代などの古い着物をアロハシャツに仕立てたものが30枚ほど展示されています。

Photo
当時ハワイの日系人も着物から手作りでアロハシャツを作っていたのです。ただし、ハワイでは木綿の着物(浴衣)から作っていたと思いますが、こちらは絹の着物から作っています。(ハワイでも現在絹のアロハは売っており持っています)

会場には実家が呉服屋さんとか着物に造詣のある人もたくさん見えておりました。(上の写真は人が余り写らない瞬間を狙いました)
すばらしい伝統をもつ着物文化を知る機会でもあり、若い人にも是非見てほしいと思います。

ハワイの日系人や他の民族の方にも見てほしいと思います。今年のハワイはもともと日系人会館に行くつもりだったので、下の画像をもっていき紹介したいと思います。

作家の藤本万美さんのブログは以下です。

http://blog.livedoor.jp/mamimumemo118/

下の画像はクリックするとどうにか文字が読めるようになります。
Photo_3

Photo_2

| | コメント (0)

2011年11月28日 (月)

関東学院大学管弦楽団の定演

27日逗子のなぎさホールで関東学院大学管弦楽団の定期演奏会が開催されました.
指揮をとる安東さんは高校先輩であり,同窓会を通じて交流がありますので楽しみにしていました.

Photo
Photo_2
数年前から毎年聴きに行っております.それほど歴史のない管弦楽団なので,初めて聴いたときは時々ハットする場面がありましたが,今年は安心して聴いていられました.

会場には高校OBの顔が散見されました.元校長にもお会いしました.

せっかくの逗子なので,ハワイアンレストラン「ルアナ」に行きましたが,店内はバザー会場になっており,レストランは営業していませんでした.

そこで逗子駅方面に歩いているとこんなお店を見つけました.

Photo_3
「Aroi」という多国籍料理のレストランです.面白そうですね.

Photo_5 入り口付近にこんな看板がありました.
2種のつまみがついて998円はかなり良いですね.

魅力的なものが並んでいますがミニ渡り蟹の唐揚げ,えびマヨに決めました.

店内も外観以上にいい感じでした.

早速上の2種のつまみでのセットを頼むと,なんと今はそのつまみはやっていないと言って別のメニューを持ってきました.

見ると食指がはたらなかい安いものばかりが並んでいます.

思案していると,渡り蟹は単品ならありますとのこと.
大きさは違うでしょうがそれだけで550円です.

渡り蟹が手に入らないので別のメニューにしたかと思ってましたが,渡り蟹は原価が高いのでやめたようです.

別のメニューにしたなら外の看板も取り替えないと詐欺に近いと思います.私同様この看板につられて店に入り,不満ながらたのつまみでこのセットを頼む人も多いのでは.

もし実際のメニューが外に出ていたら私はもう少し店を探していました.

食べ放題といっていたので食べにいった蕎麦屋が昼過ぎから食べ放題をやめて通常営業とかこれも詐欺的な店を先日経験しましたが,この店はそれに勝るとも劣らないと思います.

店を変えるのも面倒なので生春巻き,海鮮ホー,ビール,日本酒を追加しましたのでそれなりの価格になりました.

レジのスタッフに「米国人が来たら面倒なことになるよ.日本でも問題になるかもしれない」とオーナーに伝えて言っておきました.

オリンパスとか大王製紙が新聞をにぎわしていますが,身のまわりの小さなところでも日本の商道徳は確実に劣化しています.

| | コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

隈研吾 「負ける建築」

昨日4日,録画しておいた「負ける建築」という番組を見ました。

隈研吾は高校後輩ということもあり、旭硝子の研究企画にいた10数年前に仕事での付き合いがあります。(サントリー本社とか)
また仲間のナイスの社長に頼まれ、隈に「横浜アイランドガーデン」の監修を依頼しました。
歌舞伎座は父の時代から50年の付き合いがありましたので、彼が設計する建て替えには大きな関心があります、(歌舞伎座との繋がりは松竹の納得できない話で切れることになりましたが)

今から10年ほど前に横須賀観音崎に美術館の建設が決まりました。隈はその公募に応じました。
その頃たまたま隈とあった時に「**さん、見ていてください。あの場所は帝国海軍の要衝で、日本の歴史にとって大きな意味のある場所ですが、眺望とかにおいても素晴らしい場でもあります。横須賀は高校の創立の場でもあり、素晴らしい立地なので頑張り自信作ができました。楽しみにしていてください」と言われました。
彼の土地土地にあった美術館はすでに世界的に評価が高かったので、違いなく彼の案が採用されると思っていました。

結果、彼は落選しましたが、彼は「何で今頃あんなものが」と言っていました。
後で分かったのですがこの時の審査委員長に私は問題があると思っています。
後に浦賀ドック跡地利用について、市民の声を聞きたいとボランティアが募集されましたが、私はっそれに応募しました。 

当日その応募に応じた人は5人で、私以外は皆中高年の女性でした。皆建築とか環境問題には素人の方のようでした。
2名がその委員になるのですが、私は残念ながら落選しました。(何で落選したか選考会の雰囲気で分かりましたが)
その選考会の時横須賀市の担当者は私のプレゼンに大いに関心を示していましたが、色々な経歴の後東大教授になった選考委員長は、既得権を奪われると思ったのか私のプレゼンに対して嫌な顔をしていました。
彼が美術館の選考委員でもあったのです。

現在観音崎には総ガラス張りの美術館があります。海に近い我が家も台風の後には硝子窓は潮風でべたべたになりますので、あの美術館もメンテは大変だと思います。
ガラス張りの建物の冷房負荷は当時でも大変だと思いましたが、今は節電でどうしているのでしょう。(旭硝子時代アトリウムも私の担当分野でしたので)

週刊新潮の表紙で有名だった谷内六郎氏の作品の展示が横須賀美術館の目玉ですが、現在その遺族と著作権に関するお金の問題で市はゴタゴタしています。

隈による美術館ができていたら、彼による建築そのものが世界的に作品として評価されるので、逼迫した横須賀市の財政に影響を及ぼす谷内六郎氏に関わる馬鹿馬鹿しいことも起こらなかったと思いますし、横須賀の活性化に大いに役立ったと思います。
残念です。

| | コメント (0)

2011年1月21日 (金)

三笠艦 今昔

写真を整理していたらこんな写真がでてきました.

111
これはどこだか分かりますか?
たとえ横須賀市民でも50歳以下の人はわからないでしょう.
今から50数年前小学校低学年の時の三笠艦の遠足の時のものです.今となっては自分がどこにいるかも分かりませんが.
昭和30年ごろだと思いますが.この頃の遠足は父兄が付き添う人が大半で弟や妹を連れてくる父兄もおおく,また着物を着ている人が多いですね.
若い人には信じられない写真だと思います.

第二次世界大戦後三笠艦は殆んど塵扱いになり,甲板の上には米軍のダンスホールと水族館が作られました.

111_2
復元50周年になるそうですが,復元前は大砲とかマストとか煙突とか全て撤去され単に砂の上においた鉄の箱でした.
(三笠艦は浮いているのではありません)

ということで子供のころの三笠は現在のような形ではありませんでした.
ただ艦の内部に入ると今は見ることができませんが砲弾による大きな穴や真っ黒になった血の跡など戦争を思わせるものがありましたが.

11 

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

松竹 歌舞伎座 海老蔵

テレビは連日海老蔵の事件のオンパレードです.
歌舞伎に対して甚大な悪影響を与えた今回の事件は海老蔵に一義的な責任がありますが,より深いところには松竹に責任があると考えています.

我が家は歌舞伎座が解体されるまで50余年,亡き父が起業したコインロッカービジネスを歌舞伎座で展開してきました.
その間,松竹や歌舞伎座の担当から,酒席などで歌舞伎の文化を守るための深い話を聞く機会も多々あり,チケットの購入や二の牛(にのうま)等で微力ながら文化継承に協力してきました.

2年ほど前歌舞伎座が解体されることを新聞等で知り,その後折にふれ担当者にお話を聞かせて欲しい旨お願いしたのですが無視され,解体2月前になってやっとロッカー撤去についての話がありました.

その直後に松竹の担当部長等との打ち合わせがもたれました.
ロッカー営業権について事前に知り合いの弁護士とも相談しましたが,伝統を重んずる松竹,歌舞伎座だと固く信じていましたので,私一人で会議に出席しました.
打ち合わせ内容はロッカーの営業権への補償,解体に基くロッカー撤去の話です.

3回ほど打ち合わせがもたれましたが,ロッカーの撤去に対しては確実に進捗する一方,営業補償につては煮え切らない態度を続け,毎回本社の会議を得て回答するということでそれを待っている間にロッカーが撤去されてしまいました.
その後突然営業補償はしない旨の手紙が来ました.抗議をしてもなしのつぶてです.

ロッカーが撤去・廃棄された時点で私の営業権は喪失したので後の祭りです.
まさか文化・伝統を誇る松竹が50年を超える協力会社にこんなことをするとは思いもよりませんでした.

松竹のビジネスモデルにおいて歌舞伎の神聖化は必須です.
梨園なんての特別の(社会常識から隔絶された)世界を正当化した結果,歌舞伎役者に大きな勘違いをさせて来たのです.

日本建築学会の度重なる要請を無視し,またフランスの大新聞が驚いた貴重な文化財を解体し高層商業ビルを作るのです.建前としての文化・伝統継承とはかけ離れた行為だと思います.

海老蔵の事件は歌舞伎座と松竹の収益に大きな影響を与えるでしょう.社運をかけた商業ビルの行方も分からなくなりました.

能・狂言と違い大衆芸能にルーツをもつ歌舞伎はその本質を考えれば人間国宝なんてことを辞退こそすれ「自分は将来人間国宝になる」なんてことはありえないのです.

歌舞伎の文化を未来永劫継承する為には歌舞伎役者の一子相伝はやめるべきです.
一般から才能ある人の当用と,競争原理により歌舞伎の質をより高めるのです.
親が世界的な選手でも子供が世界的な選手になった例は非常にまれです.
利権が多少影響力をもつ芸能界でもめったにありませんね.
すぐにDNAといいますが,世界的に活躍している人たちの両親はほとんどは普通の人です.

歌舞伎のマネージメントについても競争原理を取り入れるべきです.
日本を代表し国際的にも高い評価をえている歌舞伎は松竹だけに独占させるものではないのです.

カップルで歌舞伎を鑑賞したらそれだけで3万円近くかかります.
3万円あったら終日ディズニーランドで遊び,食事をし,帰りにお土産を買ってもお釣が来ます.

歌舞伎観客の平均年齢・平均年収を考えれば今のままのビジネスモデルで日本の貴重な文化が継承できるとは考えられません.

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

CEATEC 幕張メッセ

昨日CEATECを見てきました.
40年ほど前パイオニアに入社した時点では「エレショー」という名を冠しており,晴海埠頭で開催されていました.
レーザーディスクの開発を担当していて忙しい日を送っていた私はエレショーの見学日は一息をつける日でありました.見学後浜松町までの連絡船から見えたサンセットで癒されたことを今でもはっきり覚えています.
(会場から歩いて三愛前で待ち合わせたことも何回かありましたが)

定点観測ということで毎年に行っていましたが,そのうちにエレショーは東京とインテック大阪とで開催されるようになりました.
さらにオーディオフェアーと合体してエレショーはCEATECと名を変えたのです.

晴海から移動後ゆりかもめの国際展示場正門前で下車し,逆三角形の屋根を初めて見たこ時のことも良く憶えています.

CEATECは幕張メッセで開催されるようになりました.
幕張メッセは日本が元気だった1989年に竣工されました.

幕張メッセのお披露目となった東京モーターショーでは場内整理の不手際もあり大混雑・大騒乱状態となり,何かがあったら大惨事を引き起こしそうだったのですぐに退去しました.

モーターショーの会場として作られた幕張メッセですが数年前から海外自動車メーカーの撤退があい次幕張メッセでやる意味がなくなり,交通の便の良いビックサイトに場所を移しました.

幕張メッセの運営会社としては死活問題ということで売上優先,採算度外視してCEATECを呼び込んだのでしょうね.
CEATECも韓国・中国に押され今となってはお貧乏企業の集まりですから不便な所ですがその話に乗ったのだと思います.あくまで推量ですが.

ということの流れで各メーカーのブースは衝立で仕切られただけという経費のかからない質素なものだらけでした.

Photo
モデルも衣装も昔とは大違いです.
バブルの時代ではミスユニバースとかの入賞者しか在籍できないモデルクラブから派遣されたモデルもおり,華やかな衣装でショーを盛り上げていました.
昨日はそんなレベルのモデルは全く見当たりません.

このブースはその中では頑張ってはいましたが.

Photo_2
肝心の出展物についてですがこれこそ日本の命運が見られました(本当にがっかりです)
立体テレビぐらいしか売り物がないのです.原理的には30年前と同じ3Dテレビです.

さらに家庭で日常的に使うには無理があるのが分かっているのですが他に話題性があるものがないのです.

映画館とかゲームセンターとか非日常な場所ではそれなりの意味がありますが,家庭内で専用眼鏡をかけ,しかも寝転んでは立体視ができない現在の3Dテレビが普及するとは到底思えません.

ディスプレイに焦点を固定したまま輻輳角を変えるという不自然な環境は長時間の視聴は生理的にも無理があります.船酔い同様の症状を起こさない人でも眼精疲労を起こします.

その他を含め技術的な観点からは何らインパクトを受けるものはありませんでした.

そんな落ち込んだ気持ちで幕張駅に向かいました.

Photo_3
初めてこの風景を見た時は左側の低層の長屋風の建屋はありませんでしたが未来に向った高揚した気持ちになれました.

左の低層建屋は後にできたビックサイトとのスケール競争そして巨大化するモーターショーのバイクや部品の専用展示場としてつくられたのです.

この建屋は今後どうするつもりなのでしょう.どう見てもイベントとしての使い道は見つかりません.

20年後には養護老人ホームになっているかもしれません.それより巨大仮設ホームレス収容所なんてこともあるでしょうね.

日本の将来は暗いと再確認した1日でした.

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

栗山画伯個展2

開催中の栗山画伯の個展に昨日行ってきました.
オープニングの日も行ったのですが又見たくなったのです.
画廊が一般マンションの一住戸であり,また入り口に掲示ができないということで入場者が余りないのです.
もったいない限りだと思います.
中目黒駅から徒歩3分もかかりませんし,入場無料です.画伯も常駐しているのでハワイが好きな方は是非おいで下さい.
7月31日まで毎日開催しています.
(画像をクリックすると地図も良く見えるようになります.)

Photo
Photo_2
この後武蔵小山の栗山画伯,カイマナヒラさんとハワイアンレストランに向かいました.

Photo_3 この日は貸切,美味しい料理と飲み放題で3500円というリーズナブルなお店でした.
何とコナ・ビールも置いてあるのです.
喜んでロングボード,ファイアーロック,ビックウエーブを2瓶づつ飲んでしまいました.
アロハテーブルですと1瓶880円ですから,これだけで5000円を越えてしまいますね.

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

THE☆すかっこ「ソーラン」  ハマこい踊り

6日大桟橋でのイベント「ラブハワイ」から外に出るとソーランの衣装を着た人たちがおり,また遠くにステージが見えました.
THE☆すかっこ「ソーラン」のブログで6日横浜に行くとのことを思い出し,もしやとプログラムを見ると1時間後に出演することが分かりました.
30分ほど時間をつぶし会場に向かうとすかっこの大漁旗が遠くに見えました.
昨年のハワイでも偶然彼等と会い,カラカウア通りでのパレードを一緒に歩きました.

Photo_2
  この後佐藤さんは腰を痛め手術をして数ヶ月は養生していましたが,旗を振れるようになりました.
名刺に使う写真を撮って欲しいとのことで撮影したものが下です.
高い解像度で撮りましたのでトリミングして使っていただけたらと思います.

Photo_3
すかっこの前は「リトル・チアーズ」という子供達のグループでした.色々なイベントに出場しているとのことでしたが,実際衣装・踊りは目を見張るものがありました.
特に真ん中の女の子のスピンなどの身のこなしは素晴らしいものがありました.多分クラシックバレーを習っているのでしょう,

Photo_4
さていよいよすかっこの番です.沢山の見物客がおりうまい位置から写真を撮ることができませんでした.

Photo_5
そして赤レンガ倉庫を背景に記念撮影です.踊りを楽しんだようで生き生きした表情が撮れました.

Photo_6
6月12日・13日はYYのりものフェスタという横須賀市の大きなイベントがあります.
すかっこは12日にメイン会場のベルニー公園で踊るそうなので見に行きます.

13日は女房は11時と14時にやはりベルニー公園でフラなのですが,14時は文化会館で横粂議員の集まりがありそちらの参加するので,11時のステージを撮影するつもりです.


| | コメント (2)

2010年4月26日 (月)

歌舞伎座はあと5日で解体です.

歌舞伎座はあと5日で終了し,解体されます.
本日集金に行ったのですが,開演前の館内には清水建設の方が沢山いました.
Photo Photo_3 カウントダウンの表示板ができたのは今から200日前ぐらいですが,今日は5日と表示されています.
右は従業員入り口から階段を下ると守衛さんがいますが,そこで提示する入館証です.
もう二度と使うことはないものです.



Photo_8歌舞伎座最後の姿ということで写真を撮ったり絵を描いたりしている人が大勢いました.
写真では3人しか見えませんが50名ぐらいはいたと思います.
今日は天気も良くまた車が途切れた瞬間があり良い写真が撮れました.
今まで20年前ぐらいから何回となく写真を撮っていますが最後に最高の写真が撮れました.

Photo_7

| | コメント (0)