2017年6月10日 (土)

放射線物質の事故 隠匿がすでに始まった

放射線物質を保管していた容器が爆発し、作業員5名が被ばくしました。
そのまま、その部屋に3時間缶詰状態だったようです。
その間に相当な放射性物質を肺に取り込んだでしょう。
今回の事故は想定外であり、部屋から出るまでに3時間かかったとコメントしています。
今回のような爆発だけでなく、何かの事故があることは普通は考えますね。
なんだか、「この道路は安全なので事故は想定外だった」に近いコメントのように私は思います。
放射線医学研究所に移されたとたん、「内部被ばくとして計測された数値は、衣服についた放射線も計測していた可能性がある。」なんて言い出しました。

それより、被爆された方の今後について適宜病状を発表することが重要だと思います。

しかし、個人情報だとのことで、個人名は出さないでしょうね。原発再稼働に対してネガティブな話になりますので。

民間企業の工場で爆発事故を起こしたら、被害者の名前は公表され、その後の病状も表にでます。
被害者の親族にはかん口令をしいているのでは。
今の時代snsがあるので、親族の誰かが発信すれば皆が知ることになります。
「何もしゃべらなければ手厚い対応をするが、しゃべったら何も補償しない」とか言っているのではないかと邪推しています。

かつて核燃料をバケツで扱い、事故が起こりました。その時は刻刻ニュースになりました。
安倍政権になって都合の悪いことは隠したりなかったことにするようになりました。

これで共謀罪が施工されたら、どんなことになるのでしょう。

| | コメント (0)

聴覚障碍者 AIでアプリ開発

聴覚障害者と健常者が共生しているインドネシアの小さな村がNHKで紹介されました。
小さな村なので村民の出入りがすくなく、聴覚に問題のあるDNAを持つ人が多いそうです。
そこでかつての村長が小学校から同じ教室で、聴覚に問題ある生徒も一緒に勉強できる環境を作ったのです。
素晴らしいことで、現在では世界中から村を視察に来ているそうです。

今私のスマホには日本語をしゃべれば即時に英語、英語を喋れば日本語になるアプリが入っています。海外旅行ぐらいなら十分対応できそうです。

すでに手話を多言語に、多言語を手話に変換するアプリを開発しているでしょうね。
入力された音声言語を手話に変換、手話をAIで動作に変換することは近い将来に完成するでしょう。

囲碁、将棋などの名人にAIが勝つようになりました。それはそれで凄いことですが。
聴覚障碍者となんの勉強もしていない健常者が自由に会話できるようなアプリの開発に力を入れてほしいと思います。

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

ハーゲンダッツ イメージ戦略 高梨乳業

ハーゲンダッツジャパンが製造装置の不具合により、製品にゴムの破片が混入した可能性があるとのことで、200万個以上を回収するとのこと。
ハーゲンダッツというと、何となくヨーロッパの老舗が世界展開したように思われるでしょう。
しかし、米国のアイスクリームの新興企業がイメージ戦略で社名をハーゲンダッツにしたのです。当然歴史ある老舗ではありません。(20年ほど前にオフィサーの奥さんから聞きました)
米国で成功を収め、次に日本に進出しましたが、販売ルートを絞り込み、高価格戦略で最高級品と思わせることに成功しました。
ここからが地元横須賀とのかかわりです。
私が幼稚園のとき、横須賀大津3丁目の宮本温泉(今も営業している風呂屋)の隣に高梨さんが住んでいました。
そこには乳牛が数頭おり、よく見に行っていました。
少量でしたが牛乳販売が成功し、大津高校の隣に工場を作りました。
小学校時代、お祭のとき山車を引くと、この工場でテトラのコーヒー牛乳をもらいました。当時はなかなか飲めない高級品で、本当においしいと思いました。
さらに事業は成功し、高梨乳業の工場は横浜に移転、全国区となり高梨さんは横浜商工会議所の会頭までになりました。(浅尾議員の秘書をしていたときにお会いしました)
さて、ながながと書きましたが、ハーゲンダッツ・ジャパンの製品は全量高梨乳業の工場で製造しているのです。
ハーゲンダッツ本社との契約で高梨乳業はハーゲンダッツ専用のラインで製造しています。
ハーゲンダッツはイメージ戦略で大成功を収めました。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

テロ 原発

英国でまた悲惨なテロがありました。
ただひたすらに英国人を殺すことを目的にしたテロです。
車で歩行者をひき殺し、車から降りた犯人たちはナイフでて当たり次第に刺殺しました。

こんなテロはテロリストを事前に拘束しなければ防げません。しかし、それは個人のプライバシーを大きく損ねることをしない限り不可能です。

しかし、なんでも人を殺せばよいということになると、数百万人を死傷させることは簡単です。

機関銃や手りゅう弾、爆弾を持ったテロリストが原発を襲い、警備員を射殺後、原発の冷却装置を破壊したらどうなるでしょう。

電源ラインが破壊されても(福島原発の例)、非常用電源をある時間内(3日ぐらい?)に用意すれば、原発が爆発、核物質が飛散することを防ぐことはできますが、原発の冷却システムを完全に破壊されたら、3日ぐらいで修復は不可能です。
格納容器まで爆破されたら、その直後からとんでもない量の核物質が飛散します。
もちろんテロリストは即死ですが。
テロリストは死を恐れるどころか、テロによる死は天国に行くための手段として考えています。何百万人も敵を殺せるので、歓喜をもって死を迎えるでしょう。

さらに同時に原発を3基襲われたら、日本に居住できるところはなくなります。

北朝鮮も同様な破壊活動は簡単にできますが、それは北朝鮮の破滅を意味します。
しかし、どこの誰だか分からない、分かったとしても複数の国家、例えば友好国の国民だったらどうすることもできませんので、テロの実行のブレーキになりません。

テロリストが自衛隊の武器を強奪しただけで、原発は破壊され、日本は破たんします。

原発は想定外の天災がないこと、人間の善意を信じて作られた装置です。
莫大なエネルギーを生みますので、その周辺には膨大な利権を生みます。
さらに使用済み核燃料の問題、子孫の生命に対する考慮は全くされていない装置です。

いまだにエネルギー利権にしがみつくことで独裁的な権力を維持している現政権の行きつくところは国家の破綻です。



| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

ベンチャーズ 団塊の世代

団塊の世代にとって忘れることのできないベンチャーズの話です。
飲み屋の帰り、汐入駅にベンチャーズの7月30日、芸術劇場での公演のチラシが貼ってありました。日本での55回目の公演だそうです。
Photo_3
高校時代にベンチャーズをTVで初めてみましたた。(その後横浜文化体育館などで見ています)
「太陽の彼方に」のアストロ・ノーツと「ウォーク・ドントラン」のベンチャーズが二組で公演していたものです。
最初は若々しいアストロノーツが話題になりましたが、おっさんのベンチャーズはリズム感・テクニック・迫力が圧倒的に上だと言われるようになり、それをまねしたい若者が続出しました。
当時のメンバーはリードギター:ノーキー・エドワーズ、サイドギター:ドン・ウィルソン、ベース:ボブ・ボーグル、ドラムス:メルテイラーでした。
ベンチャーズが世に出たヒット曲「ウォーク・ドント・ラン」のリードはボブが取っています。あとから参加したノーキーは最初はベースでした。
現在当時のメンバーは誰もいません。
高齢になったノーキーとドンは米国では活動していますが、日本のキャバン的な公演は無理なのです。他の二人は鬼籍に入られています。
現在のメンバーではドラムスのリオン・テイラーはメルの息子で、父親が若くして亡くなったあと、加入し、オリジナルメンバーと演奏していましたので、ある意味では唯一のオリジナルメンバーといえるかも
息子は天才的なドラマーだったメルには負けますが。
ベンチャーズは日本のギタリストや音楽シーンに大きな影響を与えました。
日本を代表するギタリストのチャーもノーキーの演奏を見てギターを始めました。
「京都の恋」など日本の演歌にはない長調のメロディーでありながら、日本人の心をつかむ楽曲を作っています。
良くベンチャーズは日本だけと言う人がいますが、それは大きな間違いです。
米国の著名なギタリストや音楽シーンにも大きな影響を与えました。
プレスリー、ビートルズと並び2008年にロックの殿堂入りを果たしました。
インストのバンドとしては初めての快挙です。
私は学生時代はベンチャーズ、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、そして日本ではまだ余りしられていないソウルを演奏していました。(写真一番右)
高松マリンパークで演奏した時の48年前の写真です。インストは私がリードをとりました。加山雄三のブラック・サンド・ビーチが一番喜ばれました。

Photo_4

Photo_6 モズライトは27万円と高くて買えませんでしたので、5万5千円のモデルシャープファイブを使っていました。

その頃の学卒の初任給が4万円ぐらいのときです。
いかにモズライトが高価だったか分かると思います。
アマチュアバンドで持っている人はまずいませんでした。
(団塊の世代のモズライトに対するあこがれは依然強く、それを狙った偽物とか本家とか裁判沙汰にもなっています)
学生時代使っていたモデル・シャープ・ファイブのエレキはがたがたになっていますが、今でも持っています。




| | コメント (0)

2017年5月20日 (土)

ひよっこ ペンキがおかしい

NHKの朝ドラ「ひよっこ」を毎日見ています。

桑田圭祐さんの歌を聞きながら今日はどんなことになるのかわくわくしています。

しかし、ペンキの塗装のシーンはわけが分かりません。

Photo
黄色のインクでピンクを描いているのです。

Photo_2
気になってしかたがありません。
どういう意味で黄色のインクでピンクを塗装しているのかわけが分かりません。

普通だったら

Photo_3
Photo_4
ですよね。
理由が分かる方は是非教えていただきたいのですが。

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

日野皓正・故元彦 アルフィー

ジャズの街横須賀に住んでいます。
仕事を通じて30年以上お付き合いのある方から誘われ、昨夜六本木アルフィーで日野皓正さんのライブを聞いてきました。
皓正さんの弟さんは52歳で夭折しました。その19回目の追悼ライブでした。

友人は日野皓正さんと幼少期から知り合いで、またアルフィーに対しても「顔」のようです。
こんな席に案内されました。

Photo
ステージ(と言っても段差のないフロア)の最前列のこの赤いテーブル席です。
ステージ背景には元彦さんの愛称のTOKOとのイラストが飾られていました。

皓正さんと二人の熱演ですが、二人との距離は1メートル、トランペットとの距離は60cmぐらいしかありません。
うまく写真も撮れませんが、それ以上音量が大きすぎて良くわかりません。凄いことだけは分かりましたが。

Photo_4

ゴルフの上手な渡辺裕之さんも駆けつけドラムをたたきました。
ジム通いも長いようで、かなりしまった体をしています。
それにしても皓正さんは73歳には到底見えませんね。

Photo_5
友人のおかげで、素晴らしい経験ができました。

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

自販機ビジネス 海外での可能性

最近自販機の特集番組をよく見ます。

自販機の最大の商品はコーヒーだそうです。
最近コンビニで安価でおいしいコーヒーを販売した結果、シェアーを奪われているそうです。

かつては3兆円の売り上げがあったのが、2兆円近くに落ち込んでいるとのこと。
それで様々な工夫で売り上げ増を考えているとのこと。

しかし、自販機とは何なんでしょう。
米国本土では屋外の自販機はお金と製品が放置されているとしか考えられないので、ビジネスにはなりえません。
20年ほど前、コカ・コーラ社は日本の成功をみて、屋外に自販機を置いたそうです。
日本の自販機を使い、それを下はコンクリートで固め、扉を開けられないように分厚い鉄板でロックしたそうです。
しかし、数日後には盗んだ重機でコンクリを壊し、盗んだトラックで持ち運ばれたそうです。
なので、米国では自販機ビジネスはあきらめたとのこと。

本土でも一流ホテルの通路には自販機がおいてありますが、ドアを開けられないように部細工な分厚い鉄板で固められています。
日本の自販機ビジネスはいつまで成立するのでしょう。
ps:米国の道路サイドに建てられたコカ・コーラの販促ようの看板はポリカーボネート製です。安価なアクリルで作りたいのですが、アクリルだと散弾銃で撃つとガラスのようにばらばらに破壊されるとのこと。
酔っぱらった男が車から散弾銃で看板を打つとのこと。
ポリカだと穴が開くだけで面白くないので、やらなくなったとのこと。

自販機で数兆円になるビジネスが展開できる国は日本以外にあるのでしょうか?

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

ギンザ6、ライオン、フーターズ

昨日いつもの仲間6人と久しぶりに銀座ライオンに行きました。
このブログを見たら、前回は9年前でした。
9年後は皆70代後半になります。何人と飲めるのでしょう。

早く着いたので日産のギャラリーに行きました。
ケンメリスカGがおいてありました。

Dsc_3990
ケンメリのCMに出演していた陣内タカシは地元横須賀の野比の海岸道路でバイクの事故でなくなりました。二人ノリで後ろに乗っていたのです。
その前のハコスカのCMは高校同期の蟇目良がやっていました。

このあたり、自分はベレGに乗っており、GTカーについてはいろいろ知っていたので、説明員(男性)に話たところ、何もしらないのでがっかりしました。

日産の社員なのです。説明員ならハコスカGTRはZ432のエンジンを積んでいたぐらいのことは事前に勉強してほしいと思います。
432は4バルブ、3キャブ(ソレックス)ダブルオーバーヘッドカムシャフトということまでは要求しませんが。

そのあとまだ1時間近く時間があります。もともとギンザ6を見ることで早く家を出たのです。

Dsc_3994
日本の商業の中心地に鳴り物入りで開業したギンザ6ですが、がっかりしました。
シンガポールやkLの商業施設に比べると、デザイン的な面、そして内装の素材もはるかに落ちます。

外観も今時という感じです。

Dsc_4011
いよいよ隣のライオンです。
まだ約束の5時より30分以上早いのですが、待ちきれず飲み始めました。
平日の4時半でもこんな感じです。
耐震性の問題でかなり以前から建て替えと言われていましたが、粘っていますね。
席から連絡しましたが、皆銀座におり、すぐに集まりました。
スマホの時代でも団塊の世代の理系は工場時代に叩き込まれた習慣で、今でも30分も前に現場に来ているのです。

Dsc_4013

二次会はフーターズです。

Dsc_4023

| | コメント (0)

2017年5月10日 (水)

2020年に改憲 安倍首相

安部から2020年、東京オリンピックまでに改憲したい旨のコメントがありました。

自民党の閣僚は、戦後70年世の中が大きく変わり、憲法もそれにあわせる必要があると言っています。
最近のITによる世の中の大きな変化に困惑されている人たちにとって、説得力がある話なのかもしれません。

しかし、聖書の場合はどうなのでしょう。(私は信者ではありません)
キリスト教徒が大半を占め、世界のITの頂点にある米国が、2000年前に書かれた聖書を時代に合わせて変えようと言っていません。
聖書の解釈の変更で対応しているのでしょう。

2000年に対してたかが70年です。
されど70年間戦争から日本を守ってきた日本国憲法の理念を変える必要があるとは、とても思えないのですが。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧