2018年3月21日 (水)

テスラ

私のコメントに対してテスラサイドは感電死はしないとのコメントがありましたので、次のコメントをUPしました。
削除されるかもしれないのでここにUPしておきます。

貴方がどういうタイトルの方は分かりませんが、煽りと言われると一言あります。
私は現役時代基礎開発と商品設計を生業にしてきました。
東電の事故当時のCTOは大学同期、亡くなった工場長は大学後輩です。当時の社長は高校先輩です。
研究員としてそれなりの経験をしてきました。(デトロイトでビック3の研究所でプレゼンもしたこともあります)
ところで電気自動車というと10数年前に慶応大学の清水教授のプロとモデルが脚光を浴びました。ご存知のことと思います。
https://nge.jp/2016/09/24/post-134982
私にしては愚にもつかないものですが。

*****************************

テスラは技術的にもコスト的にもあるレベルまで実現し、大したものだと思っています。
ハワイの新装なったインターナショナルマーケットプレースの入り口のショールームで現地の社長からいろいろ説明を受けました。

さて電気自動車がトレーラーとトレーラーに挟まり潰された場合はどうなるでしょう。
もちろんガソリンエンジンの車も電気自動車の車もぺしゃんこになり、乗員は即死です。
しかしガソリン自動車は火災になっても、ある燃えるのに時間がかかります。
燃料は酸素と化合しない限り燃えません。燃焼速度という物理乗数があります。
油田火災ではその道の専門家が爆薬で突風を作り鎮火します。
一方、蓄電池がつぶれて一気に放電したら飛んでもないことになりうことは自明です。
あんな小さな慶大電話のバッテリーでも飛行機では大問題になっています。
電気は1秒で地球7まわり半スすることは小学校の時習ったと思います。
こんな事故にも対応できる安全システムはコスト的に成り立ちません。
もちろん同様なショートさせる実験はなされているはずですが、決して表に出さないはずです。
大型ブラウン管TVの破壊実験をしたことがありますが、コンクリの壁にガラスが突き刺さりました。まさに機関銃のようなものです。こんなことは一般の人は知りません。
電気自動車のほうがガソリン自動車より死亡確率は少なくなるかもしれませんが、絶対安全と喧伝するのは間違っていま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

カメハメハ大王像

ハワイに行かれた大半の方はカメハメハ大王像をご覧になっていると思います。
TV映画「ハワイ5-0」の本部にあります。(笑)

Dsc_6093
下はハワイ島のカパアウのカメハメハ大王像です。
実はこれがオリジナル像です。ホノルルに輸送中に船が沈没してしまいました。
すぐに同じ型を作って複製され、それがホノルルの像です。
これは後に海底から引き揚げられた大王像なのです。

Photo
ここはカメハメハ大王の故郷なのです。今も古き良き時代のハワイが残っています。
大王像と道路を隔てたところにあるレストランです。ここで一休みする人が多いです。本土からの客が大半です。

Dscn1473

三つ目はハワイ島ヒロにある大王像です。
一番広々とした場所にあります。

Cimg8785
以上の三つがハワイにあるカメハメハ大王像です。

実はハワイではないのですが、もう一つあるのです。
ワシントンDCの博物館にもあるそうです。ワシントンDCには20年程前に数回行ったことがありますが、最近まで存在を知りませんでした。
オバマ大統領が就任したときに、皆が見られる場所に移したそうです。

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

ハワイの環境ビデオ

久々のハワイネタです。

ハワイの環境ビデオを見つけました。
PCから50型のモニター、オーディオに飛ばしたところ、良い感じです。
1時間の動画ですが、すべて海辺の風景で、人間は全くうつりません。
BGMもスラックキーギターの演奏で、ボーカルはありません。
これを流しながらビールを飲んだらと思い、試しました。
何だか誰もいないハワイのビーチにいるような気持になりました。
芸人が顰蹙を買うような大騒ぎをするTV番組とは全く違う、The Hawaii という感じです。
お薦めです。そのシーンの一部です。
https://www.youtube.com/watch?v=KkcasNOXdH0

Dsc_7707
Dsc_7711
Dsc_7713
Dsc_7714
Dsc_7718
Dsc_7717
Dsc_7720

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

ハワイの物価高

昔の画像を見ていたら2005年、アラモアナSCのラーメンのサンプルが見つかりました。

Photo
値札が見にくいですが、5ドルから6ドル程度です。

こちらはfacebookでお借りした画像です。現在のものです。
ワイキキのお店だそうです。

12年で倍以上になっていますね。
この間日本の物価上昇は数パーセント、ほぼ同じなので、最近のハワイは何でも高いと思うのは当然ですね。

Photo_2
地元横須賀の磯丸水産のパネルです。

Photo_3
ここには魚介類の網焼きで飲むときに行きます。
全て安く、コース+2500円で飲み放題もあるのです。

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

1980年のハワイ パンナム

物置においてあった扇風機を取り出したときに古いスライド写真を見つけました。
スライドスキャナーがないので、液晶用のバックライトの上に置き、デジカメで撮影しましたのでボケボケですが、資料としては面白いと思い、UPします。

1978年の新婚旅行の時の写真です。
竣工直後の成田空港からパンナムのジャンボでハワイに向かいました。
このころのハワイ線は乗客の大半が新婚旅行で、この時も新婚旅行以外は10人もいなかったと思います、
席は3人、4人、3人でした。
窓側のカップルと通路側の客の間にまっすぐの溝ができているのが面白いですね。
消灯するとだれともなく通路を隔てたカップルが手をつなぎ、そのうちに皆が手をつなぐのでスチュワーデス(古い言葉ですね)が歩けなくて困惑していました。

煙草の火が見えますね。今では多分世界中のエアーは禁煙になっていると思います。
健康問題だけでなく、テロ対策上もあり得ないと思います。
プリンでも液体ということで、機内持ち込みを禁じられでいるのですから。

この10年後ぐらいから家族旅行のツアーが始まりました。

Photo

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

ケアホウ・ストア コナ 博物館

6月28日にコナ方面に行きましたが、まずケアホウ・ストアに向かいました。
最近TVや雑誌で紹介されることが多いお店で、私は気が付きませんでしたが、現在機内のガイドブックの表紙を飾っています。

Dsc_4760

店内は開店当時の姿が保存されており、博物館よりリアルなインパクトがあります。
Dsc_4767
当時の経理長がそのまま置かれていました。

孫は1回1セントで飴がでてくる当時のものに夢中でした。
Dsc_4770
お店のスタッフがいろいろ説明をしてくれました。
Dsc_4775
駐車場はないので、店の前に道路にとめることになります。
なので、ツアーのバスはこないでしょうね。
コナのコーヒーベルトに行くならお薦めです。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

ハワイ島  ヒロ ファーマーズマーケット

6月24日はヒロに行きました。
サドルロードを初めて走りました。両側山に囲まれ、馬の鞍みたいな形なので通称サドルロードと言うとのことです。
何もない溶岩台地をひたすらはしります。

途中、野生のヤギや羊、パーカー牧場で放牧している食用牛を見ることができます。

ヒロではまずファーマーズマーケットに向かいました。

Photo
ここで様々なフルーツとマウイオニオンをかいました。
ばななが孫に好評で、写真を撮る前に半分は食べてしまいました。
このモンキーバナナは60年前一本50円した台湾バナナを彷彿とさせる味わいがあります。
Photo_2
パパイアは4個で2ドルでした。
10年ほど前はこれより小さかったですが1ドルで7個でした。
いずれにしても安いことには変わりませんが。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

ハワイ島とオアフ島の旅

6月23日に成田からハワイに向かいました。

Photo
イノウエ(ホノルル)空港で乗り換えイヌヅカ(コナ)空港に着き、そこでレンタカーを借りてワイコロアに向かいました。

宿に荷物を置き早速買い物です。まずコストコです。
これで何日持つか分かりませんが、24本入りのコナビールが20ドルちょっと、税金をいれても一本1ドル程度ととても安いのです。

Photo_2
定番のロングボード、ビックウエーブ、それとキャスタウエイ、パイナップルIPAが6本づつです。
パイナップルIPAは始めてです。御三家のファイアーロックがない組み合わせでした。

Dsc_4360

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

コオリナ・マリオット タイムシェアー

友人が先週ハワイに行きました。
彼はワイキキデューティー・フリーの前でマリオットのタイムシェアーの勧誘を受けましたが、あまりの内容に恐れをなして断りました。
空港の往復シャトルのサービス込みで4泊で199ドルなのです。
(手書きで399ドルを199ドルに値下げしてあります)

もし、2時間の説明会を欠席すると正規料金との差額1500ドル程度を払うことになります。

ということは説明会はセールスにとって1500ドルの負担になっていることになります。
(ヒルトンの場合ですが、経費はセールスの負担)

セールスにとっては死活問題なので、2時間の売り込みは凄いだろうし、気の弱い人は契約することになるのでしょうね。

コオリナはそんなサービス不要なディズニーのアウラニが出現しました。
かなり焦っているのかもしれません。

Photo
Photo_2

| | コメント (1)

2016年9月24日 (土)

我が家の熱帯植物 レイの話

我が家の熱帯植物の状況です。
これは鉢植えです。

Photo
これも鉢植えです。
つぼみがかなりあるので、まだまだ咲き続けそうです。

Photo_2
これは20数年前に地植えしたブーゲンビレアです。
枝を横に10メートルほど伸ばした大木になっています。

Photo_3

これは3年前に地植えしたジンジャーです。

Photo_4
ハワイでは結婚式などの儀式のレイに使われます。
ハワイのレイつくりの達人でも2時間はかかるとのこと。

Photo_5
格調が高いですね。
今では普通に使われているプルメリアのレイは年配の人は忌避する人もいます。
ハワイならどこにでも咲いているプルメリアは棺桶に入れられていたからです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧